2017.08.27 第1号完成
この夏の思い出 番外編(^_-)
 
少し前になりますが、あとりえ青輝鳥さんの漆塗りワークショップで作ったペンダントが完成しました。
 
名前が 「木胎錆地朱溜塗呂色上」 なんですって。

先生、読めません・・・とてもりっぱな名前。

なんだか、打ち上げ花火の 「登曲導付大八重芯変化菊 」みたいな・・・
 
名前だけ見ても、漆塗りの行程ってたくさんあるのがわかります。
 IMG_20170714_111757_201708271025300fd.jpg
 
漆塗りの筆がうまく使えず、模様にはムラができてしまったけど、それも味ということで。
 
記念すべき第一号。

照れながらつけています(^^)
IMG_20170811_154201_20170827102531e9c.jpg
 インクブルーのワンピースを作りました。この色が一番似合うかなと。

グレーのニットを重ねます。
 
 
 もともと、お客様の胸元に真っ赤で大振りなペンダントを見つけて、
 
存在感のあるペンダントがほしくなっていたところに漆塗りワークショップとの出会い。
 
迷わず、赤を選びました。漆の赤は深く美しい。
 
図案は難しくないやつ。(← 実際は私には難しかったけど)
 

IMG_20170516_182652.jpg IMG_20170609_114359.jpg



恵先生がその行程を撮ってくれました。
FB_IMG_1501941202289_20170827102526a22.jpg
実際の行程は先生が持ち帰って処理をしてくれた分があるので、もっともっとあります。

木が漆を塗って、重みを増し、つやつやと滑らかなものになります。
 
漆を塗ったものは手触りがまたよくて、できあがったものを何度もナデナデ(笑)
 
漆は水にも強いので、よごれてもさっと拭けば良いそうです。
 
毎回発見があって、奥深くて楽しい世界です。

次はイヤリングを作ります。
 



次回のワークショップは9月1日(金)
 
ログハウスカフェ プラムラインさんにて10:00~12:00です。
 
私はすぐに参加しましたが、見学も出来ますよ。
 
 
 
 
9月はプラムラインさん一周年記念イベント月間でもあります

9月15日・16日には作品も見られます。イプエイトも参加です。
 
→ received_506948939647541.jpg
 
Secret