2010.08.07 アートな花火
こんにちは。
石担当の由起です。
いかがお過ごしですか。

今日は作品の紹介はお休みにします。

一昨日は仙台七夕の前夜祭で花火大会がありました。
きれいな花火を写真に撮ろうとしたのですが何故か失敗ばかり。

012花火

006花火 007花火 004花火
009花火 010花火 013花火

なんだかアートに見えなくもないですが、これどういうことでしょう?
くらげやホチキスの芯や髪を留めるUピンの大群に見えるのは私だけですか?
でも青いくらげの頭にうすピンクの足の花火は色合いがとても新鮮。
創作ヒントにいただきます!

花火にはたくさんの人があふれかえっていました。

初デートのように照れながら手をつないでいる高校生の恋人達。

サラリーマンとOLさんの2人は、寄り添いすぎて湯気が見えそうです。

かき氷をはしゃぎながら食べている大学生らしきグループは

きっと2次会の予定をたてているのでしょう。

お子さん連れの幸せそうなご夫婦は、

ちょっと見てると夫婦の上下関係がすぐわかってひそかに笑ってしまいます。

そして静かに余生を送っていると思われる老夫婦。言葉がなくても通じあっている雰囲気に憧れます。


人間観察は花火と同じ位、楽しい。
20代の男の子が、「みんな、幸せそうな目をしてるなぁ」と言って
私の前を通り過ぎました。
その感性、大好物。
ほんと、皆、きらきらした目をして同じ方向を見ています。

私は「今まで誰と花火にきたことあったかなぁ」などと思い出しながら
毎年、変わらない花火大会の空気感を味わいます。


きれいな花火の写真を一枚撮ったら撮影は終わりにしようと思っていたのに
何枚撮ってもぶれてしまい、結局最後までカメラを握りしめたままでした。

そして最後のクライマックスに唯一撮れた写真がこれです。
003花火
中途半端な感じは否めませんが、これがこの夜の最高傑作。
来年はやっぱり肉眼で見ます。

                          
           ブログランキングに参加しています。
      クリックしていただくとipu-8のポイントが上がります。
                   
               ありがとうございます
                 げんちゃんのお鼻を
              ぽちっと応援おねがいします!


           ご訪問ありがとうございました。
                           

Secret