こんにちは。
石担当の由起です。
ご訪問ありがとうございます。

私の実家の一室をアトリエにする為、自分でリフォームを進めてきました。
今、住んでいる家から歩いて4分のところです。
(ちなみに陽子の家は歩いて30秒です)

昭和チックな壁と天井に白いペンキをぺたぺた。
101009_1457_01.jpg 101011_1305_01.jpg

こげ茶のフローリングの上に木をドリルで大胆に張っていきました。
101011_1306_01.jpg 床

木の保護剤に白いペンキを調合して床に塗ります。
木目を生かしながら好みの色に仕上げました。
022ペンキ

ここまできたらゴールはもうすぐです。
照明とカーテンを取り付け、気に入りの家具を入れるだけ。

麻の白いカーテンを作ろうと思いましたが、
白の木製のブラインドもすっきりしていいかなと迷っています。

照明はガラス製のきらきら光るものを探していますがまだ見つかりません。
ロマンティックな照明に甘味のないブラインドにしてバランスをとろうかな?
こうやって考えている時間がとても楽しいです。

狭い空間なのでどの家具を家から持ってこようか思案中です。

この家具だけは一番に決まりました。
007棚
とても大事にしているイギリスのアンティークです。


005棚
1900年代の110年前のキャビネットで直線と曲線のバランスが気に入っています。
アクセサリー置き場にしようと思います。

父がこの部屋を見て一言。
「家を丸ごとリフォームして」
……気が遠くなりそうです

                     
                                   
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただくとipu-8のポイントが上がります。
              
  ありがとうございます  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ  
              にほんブログ村
                     
ぽちっとぽちっと二つの応援おねがいします!


ご訪問ありがとうございました。
              

Secret