2012.03.11 1年
3月11日です。
外は雪景色になりました。
地震から1年たちました。

もう1年。地震の時の記憶とともに、ブログを通してみなさんに頂いた
励ましやお気遣いを思い出し、
改めて感謝の気持ちがわいてきます。

昨日は宮城県の泉が岳という山で2万発の鎮魂花火が打ち上げられました。
天国に向けて上がる花火を、残された人がいろんな思いを込めて見上げていたと思います。
亡くなった方と、まだ行方不明の方をあわせた数とほぼ同じ。
次々に1時間あまり打ち上がる花火になんという数かと呆然としました。
たった一度の地震で、その前と後に人生を分断させられてしまった。
そして何の前触れもなく人生を強制終了させられてしまった人の数を思うと
言葉になりません。

被災した方たちが、帰りたい場所へ帰れて、そこで普通の生活が送れて、仕事が見つかって、
生き甲斐を取り戻して、将来が楽しみといえるようになるまで復興とはいえないですね。
うちから1時間弱の海岸近くの被災地を車で通りました。
がれきが撤去されただけで、あまり震災当時と変わっていないように見えます。
TVの特集を見ても、まだまだ先が長い。
目に見えない傷は深いです。
大きな被害もなく、普通に日常を送ることのできる者としては、
祈るだけじゃなく、役に立つこと続けていかなくてはと思う1年です。



             

画家、松井大門さんの絵が掲載された本が出版されました。

取り戻したい東北の風景が描かれています。

「水彩で描く 美しい日本 ふるさと東北」 

売り上げの一部が義援金になるそうです。詳しくはこちらのブログへどうぞ!

もう書店に並んでいるかな。買いに行かなくちゃ。




ランキングも応援頂けたら嬉しいです

ipu-8 は二つのブログランキングに参加しております。

    
それぞれぽちっとクリックすると順位がでてきます。
 
    ぽちっと
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへにほんブログ村  


ぜひお願いいたします!!! 






Secret